代理人による過払い金請求の交渉について。

質問と回答
  • 代理人による過払い金請求の交渉について。必要書類等途中報告です。 父の過払い金請求を代理としてやっています。 金額が大きく地裁案件で私が代理になれないものは弁護士さんに依頼しました。 15件電話3件相談して、よい弁護士さんが見つかりました。 依頼せず、私が請求書を出した2件について途中報告です。 P社、少額なので、請求書と計算書と委任状と依頼人・代理人の免許証のコピーを送付。 委任状が有効かどうかの社内確認に1週間待たされ、その後、依頼人の印鑑証明を提出しろといわれる。 連絡・交渉は本社専門部署。印鑑証明は返却しない。 P社側の計算書を送られ、それを見て話し合い予定だが、計算書ができあがるのは1ヶ月後(大変混んでいるらしい)。 A社も請求書と計算書と委任状と依頼人・代理人の免許証のコピーを送付。 委任状を実印で作り直し、依頼人と代理人の印鑑証明と、親子関係が分かる書類(戸籍抄本)と A社所定の依頼申請書を提出しろといわれる。 印鑑証明・戸籍は確認後返却してくれる。 これまでの対応は支店。書類がそろえば金額の話もしてくれるようです。 P社は分断1か月のみなので、交渉後提訴してがんばります。 ただ、私が結婚してせいも住所も変わっているので、代理人許可申請に 親子関係が証明できるよう、戸籍が途切れないように何枚も必要になります。 訴訟になるときは、必要書類も含めた訴訟費用請求しますね、と伝えてみます。 A社は4年の分断・時効ありで、その後担土地保融資に切り替えてるのできびしいですが、 訴訟からはお世話になっている弁護士さんに相談にのってもらう予定です。 聞いてはいましたがいろいろと待たされますね。 結婚し住所も姓も違うと言ったのに、印鑑証明や戸籍は最初はいらないといわれていた業者達です。 今後、代理人になろうとする方は最初から、以上の書類が必要か確認したほうが 無駄に時間と手間がかからないと思います。 私は見事に無駄足踏まされました。 住所も姓も同じなら親子関係はすぐに確認できると思いますが… どなたかの参考になればと思い書き込みました。
  • 戸籍や印鑑証明を取り寄せても、どうせ、任意では満額返還するわけないのだから、いきなり提訴したほうが、楽だったでしょうに。率直な感想です。