弁護士に嘘をつくとどうなりますか? 私の母は消費者金融から…

質問と回答
  • 弁護士に嘘をつくとどうなりますか? 私の母は消費者金融から長年借金をしていました。 私の貯蓄に余裕ができたので、母の借金の残額をすべて私が立て替えて返済しました。 その後、過払い金があることがわかり、私の母が弁護士を通して消費者金融から過払い金を回収しました。 その回収した過払い金は、母と弁護士の了解を受け、私の銀行口座に振り込まれる予定でした。 直後に母に末期ガンが見つかり他界しました。 その事(母が亡くなったこと)を弁護士に伝えると、ここからは相続問題になるのであなただけ(私には他に兄弟がいます)の口座に振り込むことはできないと言われました。 都合上、他の兄弟の口座に振り込まれると困ります。 (書くと長くなるので、今回は省略します) 質問ですが、 私が弁護士に対して「母が亡くなったというのは嘘です。生きています。」と言ったらどうなりますか? 遡って私の口座に振り込まれるでしょうか?
  • 補足 前質問で、弁護士とトラブルなどと偉そうなこと書いてたけど、結局のところ、あなたが巻いた種じゃない。 あとのことは、勝手にしてください。 あなたに対する信用はおもいっきりなくなります。 弁護士は、他人の戸籍謄本を見る権限があります。 だから、あなたのいったことのどちらが本当か、戸籍を調べることでしょう。 だいたい、いまさら亡くなった母親の借金や過払いの事実がばれて何が不都合ですか。 正直に話した上、相続財産である過払い金をすべてもらえばいいだけのことじゃないですか。 知恵袋で、てめぇの都合のいい情報を集めて独り善がりな解決をしようとすると、大ケガしますよ。